コンバース・サンダーボルト・モダーン(Converse Thunderbolt Modern)

Converse Thunderbolt Modern

コンバースよりランニングシューズの新ラインが登場。

ランニングシューズ・ブランドとして、かつて活躍したコンバースの歴史を
ナイキの最新ニット技術、ハイテクアウトソールで再構築。
「サンダーボルト・モダーン」の登場です。

Converse Thunderbolt Modern

現在ナイキ傘下である米コンバースの新作情報より。

コンバースはサンダーボルト・モダーンを初公開。

元祖アスレチック・ブランドのひとつとして、
コンバースとランニングとの関係は1900年代にまで遡ります。

コンバース・グローバル・フットウェアの副社長であり、
クリエイティブ・ディレクターのブライアン・シオフィ氏によると

「コンバース・サンダーボルト・モダーン
はコンバースの遺産から登場した帰先遺伝。

最新のナイキ素材を採用しモダナイズされたデザインは、
次に何が始まるのか、我々に垣間見せてくれます。」

1980年代にはランニングシューズとしてもトップブランドであったコンバースに再び光をあて、ナイキのハイテク技術で「スター&シェブロン」を再構築。

Converse Running shoes

コンバース・オールスター1980年代の広告

また、「サンダーボルト」のネーミングは
コンバース1980年代の名作「リディアード・サンダーボルト」へのオマージュでしょう。

コンバース・リディアード・サンダーボルトは
数々のメダリスト(マレー・ハルバーグ、ピーター・スネル、バリー・マギー)を育てた名コーチ、
アーサー・リディアードが1980年代半ばに設計したランニングシューズです。

Peter Snell and Arthur Lydiard

1964年東京オリンピック800m/1500mの金メダリスト、
ピーター・スネル(右)と
名コーチ、アーサー・リディアード。 via. www.runnersworld.com

converse Lydiard Thunderbolt 1980s

コンバース・リディアード・サンダーボルト(1984年の広告より)

コンバースUSAのレトロフューチャー・ライン
「モダーン」からの3rdモデル

Converse Thunderbolt Modern

nike.com ナイキ・ニュースより

サンダーボルト・モダーンは
USコンバースが提唱する「モダーン・フットウェア・ファミリー」からの
3rdリリース・モデル。

アッパー素材には
ブランドが誇る最先端の繊維技術を採用しており、
一枚からなるジャガード織は軽量で快適。

「ダイナミックフィット」構造はナイキの「ハイパーフューズ」と同様のもので
耐久性とサポート力を向上させます。

さらに、クッション性と快適性のための
ファイロン製アウトソールには
移動性を高めるための屈曲溝「フレックス・グルーブ」を採用しています。

Converse Thunderbolt Modern

「各国の色」を配したシルエットがずらりと到着。

ピュア・プラチナ/フォト・ブルー、
ゴールド・ダート/パイン・グリーン、
チーム・レッド/アイボリー、
ゴージ・グリーン/アイボリー、
バイナリー・ブルー/アイボリー、
ホワイト/ブラック

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

Converse Thunderbolt Modern

新しいコレクションは世界各地のコンバース販売店、
セレクトショップにて
8月5日より購入可能です。

しかし、残念ながらこの「世界各地」には日本は含まれていません。
「コンバース・グローバル・フットウェア」における
アジアのリテーラーは中国、香港、台湾、韓国。
(この4カ国では販売開始です。)

例えるなら、今回の「コンバース・オリンピック」において日本はアジア予選に不出場。

国内には米コンバースの商品輸入は基本的に全面禁止で
ワールド・クラスやスター・ファイアなどの名作を
古着屋さんに置いてはいけないともおっしゃる。

CONVERSEシューズの輸入に関する件;コンバース・ジャパン

そのコンバースでほんとうにいいんですか?;コンバース・ジャパン

そんな、モードなアパレルブランドにコンバースを育てたい + ランドセルブランド
ジャパン・コンバースby伊藤忠商事さんの
今後の展開に期待したいところです。

via. www.converse.com / www.nike.com

converse (amazon)

Amazon KICKS(アマゾンキックス)


スニーカー・ストアガイド:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク