リバプールの2つのサッカークラブ[リバプールFC][エヴァートンFC]をイメージしたトリムトラブ登場

adidas Trimm Trab: Liverpool Editorial

adidas Trimm Trab: Liverpool Editorial (2019)
via Hanon


イングランド・リバプール市に本拠地を置くふたつのサッカークラブ、「リバプールFC」と「エヴァートンFC」。

両クラブによるイングランド最大級のローカルダービー、「マージーサイド・ダービー」をイメージした「アディダス・トリムトラブ」の新作が登場です。

関連記事:アディダス・トリムトラブに関するニュース一覧 [アーカイブ]


1975年にトレーニングシューズとしてドイツで生まれた「トリムトラブ」。

1980年代にはイングランドのサッカーファンがドイツ遠征の際「発見」。そのスタイリッシュなフォルムからストリートアイテムとして再評価されたモデルです。

関連記事:アディダス・トリムトラブ(adidas Trimm-Trab)


リバプールのスタジアム「アンフィールド」や「グディソン・パーク」のテラス界隈から火がつき、イングランド全域にブームを起こしたレジェンドモデル。

そんなトリムトラブの歴史にインスパイアされた新作が登場。

今作はリバプール市に本拠地を置くふたつのサッカークラブ、「リバプールFC」と「エヴァートンFC」のサポーターに敬意を表しています。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

レッドは「リバプールFC」のホームカラー、ブルーは「エヴァートンFC」。

その人気の配色は、6年前(2013年)にも同じコンセプトでリリースされています。

関連記事:聖地「リバプール」の色 [赤白][青白] を配したアディダス・トリムトラブ復刻新作!

さらに今回の「特別仕様」は靴の内側に施されたナンバリング。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon


Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon


パスワードのような「記号」が意味するものは、2つのサッカークラブのちょうど「真ん中」。

「アンフィールド」と「グディソン・パーク」の真ん中にある公園。
「スタンレーパーク」の地図上の座標をプリントしています。

Anfield and Goodison Park separated by Stanley Park.

手前が「アンフィールド」、奥が「グディソン・パーク」。その間にある公園が「スタンレーパーク」。
via liverpoolecho.co.uk


アディダス・トリムトラブ 新作・新色コレクション(amazon)


Amazon KICKS(アマゾンキックス)

adidas Trimm Trab: Liverpool Editorial

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon


スコットランドの人気セレクトショップ「ハノン」のリリース記事より。

互いに強いつながりを持ったトリムトラブとリバプールとの関係について熱く語っています。

adidas Trimm Trab : Hanon News

「リバプールとアディダス・トリムトラブとの間には深いつながりがある」と言っても決して誇張ではありません。

密接な関係性。その理由について証明する記述や、地元の逸話は有り余るほどたくさんあります。

今作はリパブール市に敬意を払ったアディダスの最新モデルです。

このモデルを通して、なぜマージーサイドの熱狂的なサポーター達の間で、トリムトラブがそれほどまでに人気があるのか。その謎を簡単にひも解いてみましょう。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

その起源は1975年にまでさかのぼります。

リバプールFC、通称「レッズ」は、ボブ・ペイズリー監督のもと初の1部リーグ優勝を果たしました。

ロックバンド、クイーンが「ボヘミアン・ラプソディ」を発表した年です。

アディダスは新製品としてトリムトラブを販売開始。
ヨーロッパではジョギングに熱中する人たちの足元を飾りました。

トリムトラブはもともとは多目的トレーニングシューズとして発売されたモデル。

そしてその魅力にすぐに反応したのが、イングランドのサッカーファンから出現した新しいムーブメント「カジュアル」です。
支援するチームを追って、海外に遠征した際に「見つけた」のです。

また、トリムトラブとリバプールを取り巻く最も象徴的な話は、ロバート・ウェイド・スミス氏についてのエピソードでしょう。
いまや伝説となった地元スポーツ専門店のオーナーだった人物です。

増え続けるトリムトラブへの需要に対応できるよう、スミス氏は思い切ってヨーロッパ大陸に出向きます。

たくさんのトリムトラブを買い占め、マージーサイドの自分の店まで持ち帰り販売を開始しました。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

トリムトラブはすぐにシーンの定番となり、数あるアディダス・スニーカーの中でもトップモデルとしての地位を確立しました。

その魅力はイングランド北西部から拡散。
着こなしには独自のこだわりを持つテラス席の連中の足元を飾り、イギリス中に広まっていきました。

さらに、トリムトラブが地元のカルチャーに影響を与え、不朽の名作となったという事実。これを証明する最も重要な証拠があります。

トレーニングシューズというひかえめなルーツを超えて、リバプール界隈では「トラブ」という単語がスニーカーを表す言葉になりました。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

そんなリバプールとトリムトラブの関係から触発され、アディダスは鮮やかな2色のトリムトラブをリリース。

どちらもマージーサイド州の人気のスポーツ団体に敬意を表したモデルです。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

アッパーにはヌバックを採用。ゴールドプリントによるトリムトラブの文字が誇らしげに刻まれています。

コントラストが鮮やかなストライプ、ヒールタブはホワイトレザー製。

ライニングにはエンボス加工によるナンバリングが施されています。

「53⁰ 26’ 07.5”N 2⁰ 57’39.1”W」はゆかりの地の、地図上の位置を表すもの。
その座標はリバプール市内スタンレーパークの中心部へと導きます。

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)

Adidas Trimm Trab Liverpool Editorial (2019)
via Hanon


Amazonで探す

アディダス・トリムトラブ(adidas trimm-trab)


取り扱い店を探す

楽天市場

Yahoo!ショッピング

スニーカー・ストアガイド

Sneaker Store Guide

Amazon KICKS(アマゾンキックス)

atmos(アトモス)

Mita Sneakers(ミタスニーカーズ)

Skit(スニーカーショップ・スキット)

スニーカーショップ:厳選ストアガイド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク