ナイキ・コービー X エリート・ロー iD “グリンチ”(Nike Kobe X Elite Low iD “Grinch”)

Kobe X Elite Low iD Grinch

今シーズンでの引退を発表したNBAロサンゼルス・レイカーズの名シューティング・ガード「コービー・ブライアント」。

コービーがクリスマスゲームで着用したシグネチャーモデルの人気配色が「NIKEiD」のオプションとして期間限定の復活です。

nike.com「ローンチカレンダー」より

鮮やかな緑で相手の意表を付け

数年前のホリデーシーズン、Kobeラインで最も悪名高いカラーウェイの1つが発売され、コートで多くのチームを撃沈させました。今回、この明るく華やかなカラーが NIKEiD のオプションとして新たに期間限定で追加されます。この限定版 Kobe Xを、なくなってしまう前にオールグリーンのフライニットでカスタマイズしましょう。

「数年前〜発売され」というオリジナルモデルはコービー・ブライアントが、2010年12月25日マイアミ・ヒート対ロサンゼルス・レイカーズ戦で着用した「ズーム・コービー 6」。(96 – 80でヒートの勝利)

Nike Zoom Kobe VI Grinch
Nike Zoom Kobe VI “Grinch”

そのあざやかなグリーンと丸みを帯びたフォルムから「グリンチ」と呼ばれた人気モデル。

「グリンチ」は画家ドクター・スース作の絵本に登場する主人公で、ロン・ハワード監督で2000年に映画化されたキャラクター。

How the Grinch Stole Christmas
“グリンチ” How the Grinch Stole Christmas www.unc.edu

ナイキの商品解説「最も悪名高いカラーウェイ」とは英語の直訳感満載ですが、クリスマスが大嫌いなこの主人公のことを差しているのでしょう。

またドレスコードがゆるくなるスペシャルイベントだからこそ着用の「グリンチカラー」。
レイカーズカラーではないコービーの公式ゲームシューズは貴重モデルともいえるでしょう。

今回「NIKEiD」のカスタマイズ・ベースとなるスニーカーはバスケットボール・シューズ「コービー 10 エリート」。

フライニット+ルナロンソール採用の人気シューズです。

マルチカラーオプションとして期間限定の復活。国内のスタートは12月23日からです。
Kobe X Elite Low iD Grinch

via. www.nike.com

Nike Kobe X Elite Low (amazon)


スニーカー・ストアガイド:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク