ナイキラボ ACG ルピネク・フライニット SFB(NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB)

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

コンセプトは「都市環境に合ったスポーツギアを再定義」

ナイキラボ ACGラインから、ウィンター・ブーツタイプのハイテクスニーカー
「ACG ルピネク・フライニット SFB」が登場です。

「タウンユースの中での悪天候、悪環境」に対応するシューズということで、軽量ランニングシューズの技術を用いながらもアウトドアやアスリートギアに偏りすぎないスマートなデザインに成功しています。

パッドが多めのハイカット・フォルムはレザー製で、シュータンには新しい「三角ACG」ロゴが焼印で押印。無菌室のような整然としたデザインにカントリーな手法がユニークです。

アッパーは「フライニット」でコーティング。ここでのフライニットは「メッシュ」というより「セーター」のイメージでしょうか。軽やかに暖かくハイテク技術を見せるテックフリースなどと共通する演出です。

アウトソールはワッフルソールをベースにした「ナイキ」らしいデザイン。うっすらと入ったスペックルド(斑点模様)がさり気なくアウトドア仕様を主張。3種類のプロファイル(アウトソールの模様)が凍った路面や冷たい水たまりに対応します。

ヒール部分や薄めのヒールカウンターにはライトグレーのトライアングルパターンのプリントが。
サイドパネルに施された立体的な氷の結晶からのグラデーションなのでしょうが、どこか「ナホバ」的なネイティブ系の幾何学模様を連想。暗号のようにACGテイストを残しています。

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

NikeLab ACG Flyknit Lupinek SFB

via. www.nike.com

NikeLab (amazon)


スニーカー・ストアガイド:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク